テクニックマスキング

【マスキング 小技編】目からウロコのガンプラマスキングテク!時短と実用性を兼ね備えた使いこなすべき4つの小技

マスキング小技編サムネテクニック

鉄則編ではマスキングの基本の5ステップをおさえました。

意外とできてるようでめんどくさいからやってないのがマステの基本でしたね。

今回はマスキングテープの小技を集めてみました!

便利な4つの小技編です。

若干、塗装よりの内容になりますが。

実際にやってみると意外と効果がはっきりわかるマスキングのちょいテクです。

塗装した後にマスキングテープを剥がすあのゾクゾク感が更にパワーアップしますよ。

スポンサーリンク

マスキングを楽しくする4つの小技編

マスキングは一般的な黄色いマスキングテープだけでもなんとかなるもんですが、

その使い方や専用ツールを使うともっと効率的にもっといろいろな形状に対応することができます。

マステを貼ってから切る

意外と応用範囲が広いのがコレ。

マステはカットしてから貼るばかりではありません。

先にマスキングテープをべったり貼って、その後に、パーツ側のモールドに沿ってカットすることも。

モールドのエッジがガイドになるという寸法です。

パーツにスジボリをした場合の塗り分けなんかには特に威力を発揮します。

また、細かく切ったマステを何枚を貼らなくても良いので、とても効率的です。

マスキング小技編07
マスキング小技編06

このやり方は、大きくは次の2点のメリットがあります。

①塗り分けたい形状に綺麗にマスキング出来る。

②細かいところも正確にテープが貼れる。

逆にちょっと気をつけないといけないデメリットもあります。

①スジボリ跡が若干深くなる

ナイフを深く入れすぎると、後で、エナメル塗料でスミ入れをする時、パーツが破損してしまうやもしれません。ご注意を。

②パーツに直接ナイフ刃を入れるので、傷をつけてしまうリスクがある。

きれいに塗られた後の塗装面を傷つけた日には死にたくなりますね…。

要注意です。

他にもこんなパターン。

既に塗装したパーツの色分けは、あまりベタベタマスキングテープを貼りたくないので、

1枚ベタっと貼って、塗り分け部分を切り抜きます。

マスキング小技編22
マスキング技編21
マスキング小技編20

ナイフは切れ味の良いものを使った方がミスが減りますね。

テンプレートガイドを使う

塗装したい形状にマスキングテープをカットするのは意外と難しい…

そしてめんどくさい…

例えば六角形なんて、簡単に切り出せそうで、意外とめんどくさい。

そんな時にはテンプレートガイドを使うと便利です。

マスキング小技編11

塗装のアクセントにももってこいですね。

マスキング小技編23
マスキング小技編24

テンプレートガイドって意外と役立ちます。

一枚くらいはお気に入りのヤツ持っときたいところです。

黄色以外のマステを使う

マスキングテープって黄色なんだとずっと思ってました。ワタシ。

黄色だから悪いということはないんですが。

黄色のマステってスキマ見つけにくくない??

特に白いプラパーツに細かくマステを貼っていくと、年寄りにはスキマなんぞ見つけられん…

黄色いマステではそんな状況があるわけです。

そんな時、黄色以外のマステを使うと隙間がはっきり見えます。

マスキング小技編04

が、

見える!!

マスキング小技編05

ワタシの目にも隙間がみえるじゃないか!!

最近まで黄色いマステしか知らなかった。

これワタシには赤色は革命的な発見でした…

とにかく手直しの時間が短縮できるのし、当然見栄えも変わってきます!

赤いマステサイコー!

黒色のマステでもスキマは目立つかも。

マステの色は粘着力で異なるという記事もあるようだけどこれほんとなんですかね?

マステの

トップコートで隙間を埋める

マスキングのスキマ埋めの技っていくつかありますけど。

これが一番簡単かと思います。

塗りわけの際にマスキングした境界の辺りにクリアを軽く吹いておいてから塗装します。

マスキング小技編01

これでマスキングテープとパーツの間にクリアーの層ができて隙間を塞いでくれるため、
塗料がマスキングテープの隙間からパーツ表面に流れ込むのを防げるというわけです。

図はデフォルメしていますが、トップコートがこんなに分厚くなることはありません。

したがって、塗装面の段差もそんなに気にしなくて大丈夫。

缶スプレーなら、エアブラシの準備や後片付けもいらないので、ホント楽ちんです。

マスキング小技編02

マステとパーツの境目あたりにしっかりとコート剤を吹いていきます。

マスキング小技編26
マスキング小技編25

ちょっと分かり辛いですが、色の境界がシャープです。

塗料がにじんだり、マスキングテープの隙間に入り込むなどのミスが激減します。

あれ、めんどくさいからね。

やっとくと良いですね。

あと、コート剤は艶消しの方が、その後の塗装がのりやすいような気がします。

あと、これは水性じゃなくてラッカー系なので注意しましょう。

水性塗料の上にラッカー系コートは厳禁です!!

小技編のまとめ

4つの小技を紹介しました。

マスキングの度にいつもやるって訳ではないけれど、覚えておくと便利です。

(1)マステを貼ってから切る
モールドがはっきりしたパーツや、細かいスジボリラインで色分けしたいときなどに便利です。
(2)テンプレートガイドを使う
色分けのちょっとしたアクセントに最適です。
(3)黄色以外のマステを使う

しっかりやったつもりでもどこかに隙間が出来てしまうマスキング。
赤や黒のテープを使うと隙間が見つけやすくなります。
(4)トップコートで隙間を埋める

隙間を埋める色々な方法がありますが、これが一番楽かもです。
トップコートの缶スプレーなら手間いらずです。

タイトルとURLをコピーしました