後ハメ加工

【第3回 後ハメ加工】<分割タイプ>後ハメ加工のパターンと注意点を押えてワンランク上のガンプラ 製作を実現しよう!

後ハメ03-サムネ後ハメ加工

後ハメ加工について全4回にわたって書いていこうと思います。
第3回めは「分割タイプ」について説明します。

この「分割タイプ」の後ハメ加工はちょっと難しいヤツです。

でも後ハメ加工をパターンを押さえておけば、
ディテールアップや塗装の自由度が飛躍的にアップしますよ。

スポンサーリンク

分割タイプ

「分割タイプ」の後ハメ加工は、「差し込みタイプ」の応用といえば応用です。
文字通り、パーツを分割して使用しするから、慎重にやんないと後悔しちゃいます。

基本的に、後ハメしたパーツというのは、セメントを使って固定すればいいんだけど、
できればパーツ自体のホールド力で形態を保持したいときにこの手を使うかな。。

ジオン系のモビルスーツで多い気がしますね。

いくつかポイントがあるので、一つずつ見ていきますか。

1.クリアランスの確認

後ハメ加工したものがしっかりとハマるかどうか、
ハメた後に他のパーツに干渉したりはしないか


この2つを最初に確認するのは「差し込みタイプ」と同じ。

これはホントに重要だから。

今回は「HG THE ORIGIN MS-05S シャア専用ザクI」の腕をサンプルに持ってきました。

後ハメ03-04

この黒いパーツを
後から赤いバーツの中に後から差し込みたいんだけど。

どう見てもハマらん!!でしょ。

後ハメ03-08

こんなとき、パーツを分割するわけです。
ちょうどこの丸い部分で分割すれば
黒部分が露出する上のパーツは、後から差し込めそう。

このパーツの場合、手首側のパーツについては、露出がない
赤いパーツの上から別の装甲を装着する突起があるので、
先ハメしておいた方が良さそう。

後ハメ03-07

このように、なんでもかんでも後ハメにするのは間違い
ケースバイケースで後ハメと先ハメをうまく使い分ける
のが大事。

2.どこで分割するかを決める

クリアランスを確認したら、次は、

・どこで分割するか

を明確にします。

この場合、パーツの丸い部分で切り離すんだけど、

どこでも良いという訳ではない!!
ということに気付いてほしい。。


手首側のパーツは先ハメなのであんまり関係ないんだけど、
肘側のパーツは後ハメしたときに
できればセメントは使いたくなくて、
パチンってはめる形で、
パーツ自体の保持力を活かしたい!

なので、この丸い部分は、ハメた時に少しきつめに分割するのが大事。
なので、こんなイメージを持つと良いと思います。
赤二重丸のラインで切断するんですね。

後ハメ03-01

ということで、こんな感じでパーツを切断。

後ハメ03-09

うん。
うまくできた。

後ハメ03-05

手首側のパーツは先にはめてしまうけど、
肘側のパーツは後ハメが可能になりましたね。

それもセメントを使わないので、塗装に与える影響も最低限で済むってことで。
作品のクオリティを保つためにはこうゆう細かいところ大事にしたいよね。

3.後ハメして再確認

まだまだ。
ここからが大事。
あたりまえだけど、ほんとにうまくはまるかどうかを確認してみる。

この「分割タイプ」の場合に一番気をつけたいのは、
ハメ殺しにならないこと!!

折角、後ハメのつもりで加工したのに、
ハメたけど外せんっ!!
なんてことになったら辛いよね。

なので、ちゃんとハメて、外れるかをチェックします。
ただし、
パーツが折れないように細心の注意を払って!!

ワタシは後ハメの確認の時にパーツを壊してしまうことがたまにあります。。
ぐわぁーーーーーーってなってやる気を無くすので、
要注意です。

後ハメ03-06

よしよし。
今回はうまくできたみたい。
よかったよかった。

第3回まとめ( 分割タイプのコツ )

分割タイプの多くは、とにかくパーツをぶった切ることになるので、
一度ミスるともとにもどせなくなることがあるという点に注意。

ワタシは次の点に注意して挑戦しいます。

(1) 先ハメと後ハメを使い分ける
     なんでもかんでも後ハメにする必要はないよね。
     これはケースバイケースで分割したパーツの処遇を決めよう。。

(2) 分割する位置に気を付ける

     できれば後ハメの部分は、セメントを使わず、パーツ自体の保持力を活かしたい。
     その為にも分割位置は慎重に慎重に決めよう。

(3) ハメ殺しにならないように気をつける
     泣くよ。ハメ殺しになったら…
     でもってそれを無理に外そうとしてパーツが折れたりしたら泣きっ面に蜂だよね。
     とにかく慎重に慎重に。

次回第4回は最終回です。
「位置決めタイプ」の後ハメ加工です。


因みに、今回使用したガンプラとツールです。
この辺のツールは結構使えるよ。


過去の回もご覧くださいね。

タイトルとURLをコピーしました